インパチェンスが持つ不思議な力 – 仕事運

インパチェンス 花セラピー

インパチェンスはあまり日光が当たらない場所でも元気に育つ鉢花です。
初夏~秋と長い間咲く、庭や玄関などの鉢植えにおすすめのインパチエンスの不思議な力についてご紹介します。

インパチェンスの効果 – 仕事運のアップ

インパチェンスは半日陰で高温多湿の場所でも元気に育つ植物です。
本来植物は、たくさんの日光を好みますが、インパチェンスはあまり日が当たらない場所でも
育つ我慢強いお花です。

インパチェンスにはイライラを抑えてくれる成分を持っています。
インパチェンスの成分を抽出したエッセンスは、興奮を抑えてくれる効果があるとイギリスでは
広く知れ渡っています。

特に仕事運をアップしたい方におすすめ。
部下にイライラしてしまう、行動が遅い人に対してカッとなってしまう、そんな人は
玄関にインパチエンスを飾ってください。

忍耐力が上がり、人に優しくできるようになります。
また、やる気がでて、より高いパフォーマンスを期待できますよ。

インパチェンスの豆知識

インパチェンスはツリフネソウ科、南アフリカが原産の植物です。
インパチェンスの名前の由来は、ラテン語で「我慢ができない」という意味。
他の植物よりも強い性質を持っているのに不思議ですよね。

ここでの「我慢できない」とは、インパチェンスは実がなると、少し触れただけで
パン!とはじけてしまうことから由来しているのです。花言葉に、「短気」という意味を持つものこの姿から由来しています。ですが、上記でも紹介したように、植物自体はとても生命力があります。よほど過酷な環境でなければ(20度以下を下回らなければ)枯れてしまうことはないので初心者におすすめ。初夏から10月ごろまでお花を楽しめるので、長くお花を楽しみたい方にも推奨します。

それでも枯れてしまった場合は、悪い運気を吸ってくれたのです。

インパチェンスの花言葉

【短気】【私に触れないで】
実がはじけ飛ぶことからつけられた花言葉です。

【鮮やかな人】【強い個性】
芸術関係の活動をしている方への贈りものにぴったりの花言葉ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました