オーニソガラムが持つ不思議な力

1月の誕生花

切り花ではおなじみのオーニソガラム
3cmほどの小さいお花だ下から段々と咲くのが可愛らしいオーニソガラムについてご紹介します。

オーニソガラムの豆知識

オーニソガラムはキジカクシ科、ヨーロッパ・アフリカ・西アジアに生息するお花です。

開花時期は4月~5月の温かい時期。

オーニソガラムのお花がキリストが生まれたときに強く輝いていた星に似ていることから
アメリカではキリストの復活を祝うイースターの時に多く使われます。

日本では白い花のオーニソガラムが一般的ですが、原産地では黄色、赤、オレンジの
オーニソガラムも多く生えています。

オーニソガラムは球根植物。
春に出回る球根植物はチューリップが王道なので、オーニソガラムの球根は残念ながら目立ちませんが、近年、切り花だけではなく球根を置いている園芸店も増えてきています。
耐寒性もあるので、お庭や花壇、水耕栽培でも楽しめますね。

オーニソガラムの花言葉

純粋

オーニソガラムは1月14日の誕生花

オーニソガラムは1月14日の誕生花です。
オーニソガラムを誕生花とする1月14日生まれの方は好奇心旺盛の頑張り屋さん。

持ち前の直感と頭の良さから、物事の核心をつくタイプです。

行動力があり負けず嫌いな性格を持っているので、途中であきらめるといった中途半端なことはしない人が多いのではないでしょうか。頭の回転が速く、手先が器用な人が多いので1月14日生まれの人は、パソコン関係や機械に強い人が多い傾向にあります。

データや経験から論理的に考える傾向にあるので、感情的に訴えられることに弱い一面も。持ち前の頭の良さから自身の意見をはっきり持つあまり、周囲の人に頑固な印象を与えてしまうことも。

頑張り屋さんなのでストレスを抱えてしまいがち。
オーニソガラムの花言葉は、純粋。
純粋な気持ちを持つことを忘れず、 時には自分の感情を優先てくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました