水仙が持つ不思議な力 – ストレス軽減効果

スイセン 1月の誕生花

年明けから新春にかけて日本の道端でよく見かける 水仙 。
香りもよくたたずまいも美しいスイセン。様々な種類がありますがここでは一般的に多く普及している水仙の効果についてご紹介します。

水仙の効果・効能 – ストレス軽減

水仙は誰もが惹かれる素敵な香りを放ちます。CHANEL5番等の人気の香水の原料にもされているほど、人を引き寄せる効果があります。

上品な甘い香りの中に植物独自の清涼感が漂う、そんな香りをしている水仙。
水仙の香りは気分を落ち着かせストレスを軽減する効果があります。

日持ちする上に、特別なお世話は不要。春には多くのお花屋さんで売られているので
疲労・ ストレス がたまっていて、なかなか前向きな気分になれない時、スイセンを寝室や
玄関に飾ってみてください。ふわりと漂う美しい香りと、白・黄色が凛と咲くお花の姿で
嫌な気分をリセットしてくれますよ。

もちろん、忙しい日々を過ごしている方へのプレゼントとしても効果的。


ですが、合わせるお花に要注意。カスミソウはサブのお花としては定番ですが
カスミソウは折角のスイセンの香りを殺してしまうので、香りがあまりないお花や
葉物と合わせるのをおすすめします。

スイセン(水仙)の 豆知識

スイセンはヒガンバナ科、日本・中国南部・地中海沿岸のヨーロッパが原産です。

水中にいる仙人の姿を映しとったことから、スイセンという名が付きました。

その美しさはヨーロッパでも語られており、ギリシャ神話にも登場しています。の
若さと美しさを兼ね備えたナルキッソスという名の少年が、泉に映った自分の姿に見とれ近づこうとし、泉に落ちてしまいした。その後、その泉に花が咲き、その花を「ナルシサス」と呼ぶようになったというギリシャ神話があります。ここでの「ナルシサス」とは、スイセンのこと。
ナルシサスが語源となり、「ナルシスト」という言葉が生まれたというほど、スイセンは見た目の美しさと香りの良さを持っています。

見た目だけではなく、香りも存分に楽しめるお花です。

スイセン(水仙)の花言葉

【自己愛 】
上記で述べたように、日本でも海外でも神話に登場する程、派手な見た目は持っていませんが
素敵な魅力を持ったお花ですね。「自己愛」と聞くとあまり良いイメージを持たない人が多いと思いますが、悪いイメージにとらわれる必要はありません。自分を愛せることは素敵なこと。
自分を愛してしまうほど魅力的ということです。

その他にも、

白いスイセン:神秘
黄色いスイセン:私のもとへ帰って
ピンクのスイセン:上品な女性
ラッパスイセン:尊敬

といった花言葉もあります。

スイセン(水仙)は1月3日の誕生花

スイセンは1月3日の誕生花です。
スイセンを誕生花に持つ1月3日生まれの方は、現実的で実利的。
深く考えて行動するより、直感を信じてパッと行動して早く結果を出そうとするため効率的なところが長所です。

さらに、まっすぐと伸びるスイセンのように、曲がったことが大嫌いで道徳・倫理から外れたことをしようとしないところもいいところ。恋にも献身的なので尽くすタイプが多いのではないでしょうか。

その反面、ストレスに弱く、不満をため込みやすいのでネガティブ思考になりがちです。

飾らなくても十分きれいな人なので、スイセンのようにまっすぐと物事に向き合うと自然と人々が近寄ってくる、そんな魅力を持っている人ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました